ダウンタイムも考えよう

鏡を見る人

仙台で行なう美容整形では施術後、一定期間は腫れや痛みが続いてしまい、いつも通りの日常生活を行なうことが困難になります。この期間をダウンタイムと呼んでいます。鼻の美容整形を行なった場合ですと、大体1週間程度のダウンタイムが必要になるのが基本です。これは目の美容整形や脂肪吸引と比較してみてもかなり短い期間になります。このダウンタイムの間はちゃんとスケジュールに組み込んで、日常生活へのリハビリや回復期間としてなるべく有意義な時間を過ごすのがコツとなります。

仙台で行なえる鼻の美容整形にも色々な種類があります。その種類によってダウンタイム中の注意点が異なってきます。そのため、自分が行なう美容整形のダウンタイムにかかる期間などをしっかりと把握することが重要になります。また、鼻の美容整形後に出やすい症状に腫れや痛み、むくみ、内出血があります。どの施術でも痛みと腫れや施術後3日目くらいまでがピークで、1週間ほどで落ち着くでしょう。内出血に至っては美容整形の施術にもよりますが、長くても2週間ほど続いてしまう場合もあります。このような症状は個人によって違いが出ます。程度や期間は人によって異なりますが、たまに傷口に炎症が発生したり、何かしら感染がおこってしまう場合もあります。我慢できない痛みや腫れ、熱などの症状が発生した場合は、すぐに施術を行なった美容外科に相談することが大事です。

仙台を含め、全国各地にある美容外科ではダウンタイム中に避けるべきことがあります。回復をなるべく早くしたいのであれば、鼻の腫れや痛みを悪化させないように注意しながら、安静に過ごすことが1番有効でしょう。仕事などが休みといって、ショッピングに出掛けて疲れ果てるほどに歩き回ったり、飲酒を行なうのは絶対に行わないでください。疲労やアルコールは、ダウンタイムを長引かせる原因になってしまいます。そこで、ダウンタイム中は普段することがない読書や映画鑑賞など、静かに趣味に浸りながら落ち着いて過ごすことがおすすめになります。また、腫れや痛みは特にマッサージなどは行わずに、ときどき保冷剤などで軽く冷やすと効果的です。ダウンタイム中は無理せずに、身体を十分に休ませてあげることを意識しましょう。なお、ダウンタイム期間がどうしても取れない場合は、ヒアルロン酸注入などの方法で鼻を美容整形することが出来ますよ。仙台の美容外科では色々な施術が行えるので、ダウンタイムのことも考慮して美容整形を選びましょう。